最新情報

最新記事

カテゴリー

アーカイブ

グッドフェローズは、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しました。

グッドフェローズは、「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加しました。

 
グッドフェローズは「April Dream 4 月 1 日は、夢の日。」に参加し、 April Dream をプレスリリースで発信しました。

当社はApril Dreamとして、天候に左右されずに24時間365日発電できる、空に浮かぶ「ソーラーエネルギー島」の開発を考案しました。世界のエネルギーの100%が再エネ由来になれば、気候変動を食い止めることができ、原子力発電所やエネルギー戦争に怯えない明るい未来を実現できると信じています。当社は、明るい未来の実現のために、再エネの普及に貢献してまいります。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=188

スイッチビズ、タイナビ、タイナビ発電所の3サイトが、日本マーケティングリサーチ機構のインターネットによるアンケート調査において、合計9部門で第1位を獲得しました。

次世代エネルギー業界最大級のプラットフォーム「タイナビシリーズ」を運営する株式会社グッドフェローズが各運営サイトでNo.1を獲得しました。

 
グッドフェローズは、当社が運営する「スイッチビズ」「タイナビ」「タイナビ発電所」の3サイトが、日本マーケティングリサーチ機構が電気料金比較サイト、太陽光発電・ソーラーパネル一括見積もりサイト、太陽光投資物件売買サイトについて2020年2月に実施したインターネット調査において、合計9部門で第1位を獲得したことをお知らせいたします。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=187

グッドフェローズの顧問にインリージャパン元代表・水田昌紀氏が就任されました。

グッドフェローズの顧問にインリージャパン元代表・水田昌紀氏が就任
海外展開を視野に事業強化し再エネ100%の実現を目指す

 
グッドフェローズは、インリー・グリーンエナジージャパン株式会社 元代表取締役 水田 昌紀氏が顧問に就任したことをお知らせいたします。当社は水田氏の力をお借りし、エネルギー事業部の体制を強化するとともに、海外展開を視野に新規事業開発へ取り組んでまいります。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=184

2020年 年頭所感

「再エネ100%を本気で目指す」

 
 
株式会社グッドフェローズ
代表取締役 長尾 泰広

 
 
新しい年を迎えるにあたり、株式会社グッドフェローズ 代表取締役 長尾泰広より、
年頭のごあいさつを申し上げます。
 
当社は2019年3月、おかげさまで10周年を迎えました。これまで支えてくださった社員、お取引先様、ご利用者の皆様に、心より御礼申し上げます。
 
当社は10周年を契機に、経営理念、ビジョン、ミッション、バリューを刷新。新しいビジョンを「日本を代表するエネルギー企業となり、再エネ100%を実現する」と定め、このビジョンを全てのステークホルダーに共感してもらい、社員全員と、世界を変えていく決意を固めました。
 
そして今年は、このビジョンを本格的に体現する年です。幸運にも、現在エネルギー業界には、卒FITや自家消費、セカンダリー、PPA、蓄電池などHOTなキーワードが多数あり、追い風が吹いています。
 
当社は今年、ITとリアルの両面から、大幅に事業を強化・拡大します。IT分野では、これまでのWebマーケティングのノウハウを活かしつつ、新たなサービスをローンチ予定です。また、リアル分野では、太陽光発電のセカンダリー市場活性化の仕組みづくりを進めております。
 
これからもグッドフェローズは、当社のビジョンに共感してくださる皆様方と共に、再エネ100%を本格的に目指していく所存です。さらにパワーアップしていくグッドフェローズを、どうぞよろしくお願いいたします。

タイナビ、全量売電・太陽光発電物件保有者、1万名突破!

全国の再エネ設備の14%をタイナビグループ会員が保有!
タイナビ、全量売電・太陽光発電物件保有者、1万名突破!
発電所保有物件数は6万件以上、総出力容量は原子力発電所7基分に相当

 
グッドフェローズは、当社が運営する「タイナビ発電所」「タイナビNEXT」(以下、タイナビ全量売電部門)の会員のうち1万3309名が、経済産業省・資源エネルギー庁が発表した再生可能エネルギー発電・事業計画認定を受けていることがわかりました。また、これらのユーザーが保有する再生可能エネルギー設備は、事業計画認定物件数の14%(総出力容量:約6.8GW)を占めました。当社は、2021年末までにタイナビ全量売電部門の会員の持つ国内の再エネ設備を14GWまで拡大することを目標としています。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=180

グッドフェローズは、5年連続でエコめがね販売数総合1位を受賞しました。

グッドフェローズ、5年連続でエコめがね販売数総合1位を受賞しました。

 
グッドフェローズはこの度、株式会社NTTスマイルエナジーの提供する太陽光発電設備向け遠隔モニタリングシステム「エコめがね」の『2017年度 販売数 総合 第1位』を受賞し、5年連続でNo.1を獲得しました。
 
当社は「IT×リアルでエネルギーをつくる・えらぶ・まもる」をミッションに掲げ、日本の再生可能エネルギーの主力電源化に貢献してまいりました。
今後も遠隔モニタリングシステムで国内の低圧太陽光遠隔監視シェアNo.1を誇る「エコめがね」の販売に尽力することにより、重要な電力インフラである日本中の太陽光発電の長期安定運用に貢献し、再エネ100%の社会の実現を目指していきます。

グッドフェローズ、「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」に加盟

太陽光発電の普及促進を通じて持続可能な脱炭素社会の実現に貢献
グッドフェローズ、「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」に加盟
2021年末までに会員数1.6倍、会員保有再エネ設備14GWを目指す

 
グッドフェローズはこの度、国際企業イニシアティブRE100、EP100、EV100に関心のある企業の参加を日本の加盟窓口として支援する、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)に賛助会員として加盟しました。グッドフェローズは事業を通じて太陽光発電の導入を促進することにより、日本の再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化に貢献いたします。
 
当社は住宅用太陽光発電ナビゲーションサイト「タイナビ」をはじめとする7つのWebプラットフォーム「タイナビシリーズ」を運営しており、13万人以上の会員様にご利用いただいております。2019年5月現在、経済産業省に認定されている国内の再エネ設備(事業計画認定数)38万件のうち、「タイナビシリーズ」の非住宅用会員が保有する再エネ設備が市場全体の約12%を占め、その総容量は原子力発電所5基分(※)に相当する5GWに達します。グッドフェローズは、「タイナビシリーズ」をより多くの会員にご利用いただき、2021年末までに会員数を1.6倍に拡大することにより、タイナビシリーズ会員の持つ国内の再エネ設備を14GWまで拡大します。
 
また、蓄電池などを利用した自家消費型太陽光発電の普及促進や、稼働済みの中古太陽光発電(セカンダリー)市場の活性化のためのプラットフォーム開発に力を注ぎ、日本のエネルギーインフラの再エネ化及び脱炭素化に貢献してまいります。
※原子力発電所1基を1GWとします。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=174

タイナビ、太陽光発電+蓄電池の見積依頼に対応

新規で太陽光発電の設置を検討する人の38%が蓄電池を検討!
タイナビ、太陽光発電+蓄電池の見積依頼に対応!
電気代上昇、FIT単価下落を受け自家消費に視線

 
グッドフェローズはこの度、当社が運営する太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビ」のサービスを一新し、これまでの太陽光発電のみでの見積りに加え、太陽光発電と蓄電池を合わせた見積り依頼への対応を開始しました。
 
これによりユーザーは、太陽光発電と蓄電池をセットで導入した場合の効果を提案できる販売施工店に見積依頼をすることが可能となります。また、蓄電池導入意欲の高い見込み顧客とマッチングすることにより、販売施工店の皆様のより効率的な営業活動を支援いたします。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=176

タイナビNEXT、「自家消費型太陽光発電」への問い合わせ対応を開始

自家消費時代の幕開け!電気代高騰を受けニーズ拡大
タイナビNEXT、「自家消費型太陽光発電」への問い合わせ対応を開始

 
グッドフェローズは、自社メディアである、産業用太陽光発電一括見積サイト「タイナビNEXT」をリニューアルし、これまで主に対象としていた「投資型太陽光発電」に加え、「自家消費型太陽光発電」への問い合わせ対応を開始しました。
これにより、「固定価格買取制度(FIT)」を活用せずに自家消費目的で太陽光発電を検討する法人ユーザーからのお問い合わせへの対応が可能となり、無料一括見積のご提示等、企業活動の効率化に向けたサポート体制が実現しました。当社は「自家消費型太陽光発電」の導入を促進することで、太陽光発電を日本の再生可能エネルギーの主力電源へと後押します。

 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=173

グッドフェローズ、国際航業社と業務提携のお知らせ

「卒FIT」に向けたタイナビ×エネがえるによる自家消費時代の新提案
グッドフェローズ、国際航業社と業務提携のお知らせ
再生可能エネルギー市場発展のため、ネットワーク活用による事業シナジーを創出

 
グッドフェローズはこの度、地理空間情報技術のフロントランナーとして都市のマネジメントや国土の保全に貢献する国際航業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土方 聡)と業務提携し、同社の提供する太陽光・蓄電池経済効果診断サービス「エネがえる」の独占正規代理店になりましたことをお知らせいたします。
 

詳しくは下記をご参照ください。
https://www.tainavi-soken.com/pressrelease/images/pdf/?fileid=170